轍鮒之急

マンガ、アニメ、映画、ゲームの感想書き散らし

はじめに

こんにちは。キセキです。

 

ブログをのぞきに来てくださりありがとうございます。

 

簡単に自己紹介すると、20代の男性で、

趣味はマンガを読む、アニメを見る、ゲームをするといった典型的なインドア派です。

 

このブログでは、主に自分が鑑賞したマンガやアニメ、映画、プレイしたゲームなどの感想を書いていく予定です。若干レビューっぽくなるかもしれません。

 

今回、ブログを始めた理由は「自分の思考のアウトプットをする」ことにあります。

 

大学時代から多くのサブカル作品に触れてきましたが、自分の感想を他人へ伝えることはあまりしてきませんでした。自分が面白いと感じたものが他人にも面白いと感じられるかは分からないし、面白さを適切に説明できるかと言われると結構難しい。

 

最近Youtubeでゲームのレビュー系の動画をよく見るのですが、良いところ、良くないところをしっかり言語化して分かりやすく伝えてくれる人の動画は、見ていて非常に納得します。逆に、感情論が強くて言語化がうまくできていない人の動画はあまり納得できない。全く主観が入らないレビューをするのは無理ですが、適切な尺度で作品を見て、それを伝えられる人はやはり素晴らしいと思います。

 

これまで自分の中で納得していればいいかと考えていましたが、アウトプットする能力が足りないのは単純に損だな、と最近は思います。そこで自分が読んできたマンガを使ってアウトプットの練習をすることにしました。これまで読んできたマンガは長短合わせて400作品程度。ジャンルに偏りはあるものの、一定の基準で作品を評価するにはある程度信頼性のあるインプットの量はあるかと思います。

 

ブログ自体は週一程度で更新し、完結済みのマンガの感想、直近で購入した最新刊の簡単の感想、その他サブカル作品の感想をあげるつもりです。ネタバレはできるだけしないつもりですが、しそうなときは注意書きします。

基本的には自己満足ですが、こうしたほうが良いなどのアドバイスがあれば是非お願いします。

 

それでは。

【34】今週のマンガ (2024/5/5購入分)

こんにちは。キセキです。

GWに入る時に、スマブラSPを今更ながら買いました。とはいっても対人戦は全くやっておらず、ゲームの歴史書というか資料集として持っていたいな、と思ったのでひたすらスピリッツを集めています。ちゃんとDLCファイターも全部揃えてます。しばらくはこれで遊べそうです。

それでは、2024/5/5に購入したマンガの紹介と感想です。

 

「鵺の陰陽師」4巻

作者: 川江康太 出版社: 集英社 ジャンル: バトル, コメディ

幻妖・鵺と契約した主人公・学郎が陰陽師として成長していく学園バトルアクション。今回も面白かった。4巻は、学郎の隊の新メンバーとして生き別れの妹が登場したり、隊での初めてのミッションが主な内容。これらの展開の中で、学郎の父に纏わる過去回想やラブコメがありましたが、メインの展開を阻害せずに上手く織り交ぜていて、作者(と編集)の構成力の高さを感じました。物語的には一つ目の峠だと思うので、ここで学郎がどう成長するのか、それをどう描くのか、期待しています。

 

「デビィ・ザ・コルシファは負けず嫌い」9巻 (完結)

作者: 平方昌宏 出版社: 集英社 ジャンル: 日常, ギャグ

最強の悪魔・デビィと、普通の男子高校生・凄六郎が勝負という名目でいろんな遊びをする日常ギャグマンガ終わっちゃった.....。一応作品内の時間が進んでいる描写はありましたが、思ったより早くその時は来てしまいました。日常系ギャグとしてはかなり好きだった作品で、キャラクター達は濃いけど非常識なことはしない点や、勢いだけで誤魔化す訳ではなく緩急がしっかり付いている点などが肌に合っていました。普通にオススメの作品なので、是非読んで欲しい。次回作にも期待大です。

 

「未亡人エルフの金森さん」2巻

作者: さねすえ 出版社: 双葉社 ジャンル: 恋愛, コメディ

美女エルフ・金森光と、小学生時代に彼女に求婚したヤンキー高校生・悠介の500歳差ラブコメ思春期なので素直になりきれない&子供扱いが嫌な悠介と、包容力とお茶目さを兼ね備える光のやりとりを楽しむ作品です。2巻では、光の弟のエルフなどが登場し、この世界でのエルフの立ち位置も分かってきました。コメディとしての厚みは出てきましたが、個人的にはお姉さん×高校生が見たいだけなのでまあ.....という感じです。

 

アウトサイダーパラダイス」2巻

作者: 涼川りん 出版社: 双葉社 ジャンル: 日常, ギャグ

あそびあそばせ」の作者による5人の女子高校生達の青春日常譚。恐ろしい作品。1巻を読んだ感想が "高校生の日常、シュールギャグ、漂う不穏、百合の四段構え" だったんですが、2巻読んだら "不穏" は "恐怖" だと思い知らされました。ホラー的な怖さも人間的な怖さも感じますが、とんでもない角度から刺してくるパターンもあるので、苦手な人は本当にキツいかも。そこも楽しめると、格段に面白いと思える作品だと思います。

 

「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」2巻

作者: 蝉丸 出版社: KADOKAWA ジャンル: 恋愛, コメディ

思わせぶりな態度で翻弄され、沼に引きずり込まれていく男を眺める作品。情緒をめちゃくちゃにされる~~。これ、主人公のこと好きじゃないのにやってるなら、本当にこの女エグいな。読者目線で言うと、一生純愛の線を残してくるのでかなり悪質。オタク女も登場し、こちらはヤンデレに変貌しそうな気配がするので主人公が心配です。この作品を読んだ後は純愛を読むに限る。

 

「ちえりの恋は8メートル」4巻

作者: ミトガワワタル 出版社: 集英社 ジャンル: 恋愛, コメディ

身長が8mある女子高生・ちえりと、彼女のお世話係の幼馴染・夢路のラブコメディ。巨大JKという強みに加えて絵の上手さもある、順当に面白くてエッチさも感じるラブコメです。巨大少女の身体の謎に焦点を当てた文化祭編という新しい展開もあり、今後の伸びにも益々期待が持てます。僕も巨大JKにふん掴まれてえなあ。

 

「霧尾ファンクラブ」4巻

作者: 地球のお魚ぽんちゃん 出版社: 実業之日本社 ジャンル: 恋愛, コメディ

同級生の霧尾のことが好きな2人の女子高生、藍美と波が繰り広げるラブコメディ。という体の、限界霧尾リアコオタク達によるギャグ。の皮を被った恋愛ドラマ。修学旅行編でしたが、相変わらずギャグとシリアスの落差が激しくて風邪引きそうになります。4巻では、悲しい過去を抱えている霧尾だけでなく、波の方にも不穏さが。もしかしたら百合かもしれん。それはそうと桃瀬が不憫すぎて可哀想です。桃瀬、幸せになれよ。

 

「恋する(おとめ)の作り方」8巻

作者: 万丈梓 出版社: 一迅社 ジャンル: 日常, BL

コスメ好きイケメン男子高校生・御堂と、幼なじみの元陰キャ女装男子高校生・日浦の青春BL作品。めっちゃ人気らしい。秋葉原の駅に広告出てましたからね。前巻で日浦が御堂に告白し、一応文化祭まで保留になっている状態ですが、お互いの気持ちは分かっているので現在はニヤニヤしまくる期間となっています。ラブコメの一番面白い時期ではありますが、なんか演出過剰でイマイチ.....という印象。世間ほどは評価してません。

 

「幼稚園WARS」9巻

作者: 千葉侑生 出版社: 集英社 ジャンル: バトル, コメディ

世界で最も安全な幼稚園で働く、元犯罪者達のラブコメ+片手間バトル。ルーク回。今までなんやかんや全員生き残っていた教諭陣が、かなり追い詰められています。ルークの過去回想が主でしたが、めっちゃ重くて泣いちゃった。この戦いがどのような形で決着するのか、展開から目が離せません。

 

「お姉さんは女子小学生に興味があります。」11巻 (完結)

作者: 柚木涼太 出版社: 竹書房 ジャンル: ギャグ, 百合

女子校のアラサー非常勤講師で生粋のロリコン・山田みのりと、隣の部屋のJS・小恋(ここ)による、おねロリコメディ。結婚END。結婚END!!!??? 無自覚にロリコンを煽る小恋によって、みのりがひたすら暴走する日常作品で、前巻で小恋の母親と公認で恋人になり(!?)、自重するかと思いきや全然そんなことはなく.....。最後まで暴れまくってくれました。みのりを含め大人組は基本的な常識はあるし美人なので、ロリコンとギリギリ中和できていたのが作品寿命を延ばせた所以かなと思います。無知で純真な小学生組や結構ませてる高校生組との絡みも面白く、全体的なクオリティは高いです。性癖を許容できるかが全て、の作品でした。

 

「姫様"拷問"の時間です」15巻

作者: 春原ロビンソン (原作), ひらけい (漫画) 出版社: 集英社 ジャンル: 日常, ギャグ

王女にして国王軍第三騎士団"騎士団長"の姫様が、魔王軍に囚われ数々の"拷問"を受けるお話。友達がいなかったためになぞなぞを理解していない姫様、敵国の魔王城の落ち葉掃除をしている姫様、ずっと楽しみにしていた "拷問" がある姫様、と今回も自由に捕虜を楽しんでいる姫様が見られます。最近エクスがたくさん登場するので嬉しい。

 

「私の難攻不落の人たらし」

作者: 黒井つむじ 出版社: 芳文社 ジャンル: BL

一目惚れした転校生×無差別にモテる奔放な人気者の高校生BL。作者買い。この作者は理性と常識を弁えた普通の男子高校生をメインにした作品が多く、大体似た雰囲気ですが、それが結構好き。世間体とかよりは2人の気持ちが通じるかを主題に据えており、登場人物の心情を行間で読ませるタイプです。今回も今までの作品と近いところは散見されましたが、上記の部分は外してこないので期待通り、という感想。受けの赤面が可愛いです。

 

恋愛偏差値回想録」

作者: しなちゃそ 出版社: 笠倉出版社 ジャンル: BL

中学時代に付き合っていた2人が、大人になって再会し初恋をやり直すBL作品。個人的に今注目している作者だったので購入。活発系の楠井(攻め)、おとなしめの千鶴和(受け)の過去を回想しながら、当時は思春期ゆえに踏み込めなかったことを2人でやり直していきます。人間的に成長し時には楠井を翻弄する千鶴和と、中学生の頃からあまり根が変わっていない楠井の対照的な部分は、面白かったところ。話の流れは全体としては良かったですが、話と話の間に脈絡のなさを感じることはありました。元が同人誌らしいのでしょうがないところかも。なかなかポテンシャルの高い作者なことは分かったので、今後の作品にも期待していきたいです。

 

「思春期には目の毒です」

作者: しののめ 出版社: KADOKAWA ジャンル: BL

一途でちょっと問題児な高校生×キレイ系のクールな先生の学校BL。作者買い。作者の初コミックスを今更ながら購入しました。無表情で厳しい教師・美谷(受け)に補習授業をしてもらうことになった柴田(攻め)が、美谷の普段は見せない表情に惹かれていき.....という内容。柴田がワンコみたいな素直さや高校生ゆえのワガママさを見せ、これに段々絆されていく美谷が見所です。生徒×先生のBLとしてはよくある内容でしたが、初コミックスなので及第点。作中で美谷に後押しする女子高生がいるんですが、最初は美谷先生好きー、みたいなこと言っていたので、ちょっと戸惑いました。

 

「ちぐはぐなキス」

作者: 末広マチ 出版社: 集英社 ジャンル: BL

学校一のイケメン×奥手なピュア男子の高校生BL。奥手が原因でフラれた過去がある熊井(受け)が、高校三年生になり最後の青春をしようと意を決して女子に連絡したと思ったら、実は連絡先を間違えており学校一のイケメン・笹原と付き合うことになり.....。なかなか本当のことを言い出せない熊井が、笹原の人柄や中身に惹かれていく、というストーリーです。非常にクオリティが高い青春BLでした。勘違い設定が破綻していないことに加えて、それをしっかり活かした展開なのもよかったです。個人的には上半期トップかも。それはそれとして、やはりイケメンの赤面は身体にいいですね。

 

「恋の弦は離れられない」

作者: すけやま 出版社: リブレ ジャンル: BL

弓道男子の青春BL作品。結構弓道の要素をガッツリ入れているところが特徴です。BL的には、無自覚人たらしな快活系攻め×片想い中の弓道天才肌な受け、という感じ。お互いが持つ好意の違いやそこから生じるすれ違いと誤解を経て、最終的に気持ちが通じ合うまでの流れが、弓道に対する2人の真っ直ぐな思いを支えにして丁寧に展開されていきます。純粋で綺麗な青春ラブストーリーという印象で、スルスルと読める良作だと思います。

 

「瞳が重なるゼロセンチ」

作者: 夏村げっし 出版社: 竹書房 ジャンル: BL

爽やかイケメンゲーム制作者×コンプレックス持ちの人気ゲーム実況者のBL。作者買いです。今回のBLの中だと一番セの回数が多い作品。"バケツ生クリーム"という名前のゲーム実況者・石黒(受け)は、明るい雰囲気の実況をしているが実は根っからの陰キャ。大好きなゲーム制作者・unknownにコラボ企画を持ちかけられて直接会うことになるが、そこで待っていたのは自分と真反対のイケメン大学生で.....というストーリー。

正直に言うと、ストーリーは微妙寄り。ラブコメのキャラにこれを言ってもしょうがないですが、もうちょっと落ち着いて話し合いません?という感じ。大人で恋人同士なんだから、"会話" をしてほしかったです。あとゲーム制作を多分舐めすぎだと思います。

 

アウトサイダー」「情緒」「霧尾」はそれぞれ別に不穏な終わり方していたので、後味悪くて辛かった。春の完結ラッシュに2本追加されたし、平和な作品を探していきたいところですね。

それでは。